署名ライブラリの組み込み


※既に住民基本台帳カードを使用していてマイナンバーカードに切り替えた場合は、以下の手順で既存の署名ライブラリの削除及び最新版の署名ライブラリをインストールしてください。

1.署名ライブラリの削除
署名ライブラリをインストールしている場合は、署名ライブラリを削除してください。
署名ライブラリの削除手順については、こちらを参照してください。


2.署名ライブラリのダウンロード
署名ライブラリのダウンロード手順については、このページに記載されている手順を参照してください。


3.署名ライブラリのインストール
署名ライブラリのインストール手順については、このページに記載されている手順を参照してください。


4.証明書プロパティファイルの切り替え
署名ライブラリのインストール後は、公的個人認証サービス(JPKI)の住民基本台帳カードの証明書を使用する設定となっています。マイナンバーカードの証明書を使用するには、証明書プロパティファイルの切り替えが必要となります。
証明書プロパティファイルの切り替え手順については、こちらを参照してください。


<注意事項>
●マイナンバーカード内には署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類の電子証明書があります。
電子申請・届出サービスでは署名用電子証明書のみ利用可能となっておりますので、マイナンバーカードで電子署名を付与する場合は、署名用電子証明書の暗証番号を入力してください。
※署名用電子証明書の暗証番号は、「英数字6 文字以上 16 文字以下(英字は大文字のみ使用可)」となっています。

●マイナンバーカードを利用するためには、公的個人認証サービス(JPKI)のマイナンバーカードに対応したバージョンの利用者クライアントソフトが必要となります。
利用者クライアントソフトのインストールについては、こちらを参照してください。







必ずAdministratorグループのユーザーでログインして作業をしてください。
(Administratorグループ以外のユーザーでインストールを行うことはできません。)

@.
ICカードリーダの接続(ドライバのインストールなど)
※ICカードタイプの証明書を使用する場合のみ
※ICカードリーダに添付されている取扱説明書を参照
下へ
A.
ICカードの付属関連ソフト(ある場合のみ)の設定
※ICカードタイプの証明書を使用する場合のみ
※証明書に付属関連ソフトがある場合のみ
※付属関連ソフトに添付されている取扱説明書を参照


使用するICカードの付属関連ソフト(ある場合のみ)の設定は、必ず署名ライブラリのインストール前に行ってください。
ICカードタイプの証明書を追加する場合など、署名環境が入っている端末にICカードの付属関連ソフトを設定すると、正常に署名ができない場合があります。その際は、JAVA(JRE)及び署名ライブラリを削除し、ICカードの付属関連ソフトを設定してから再度JAVA(JRE)及び署名ライブラリのインストールを行ってください。
※JAVA(JRE)及び署名ライブラリを削除する方法は、こちらを参照してください。


下へ
B.
署名ライブラリのダウンロード
下へ
C.
署名ライブラリのインストール



署名ライブラリのインストール後は、公的個人認証サービス(JPKI)の住民基本台帳カードの証明書を使用する設定となっています。公的個人認証サービス(JPKI)のマイナンバーカードの証明書や、他のICカードタイプの証明書を使用する場合は証明書プロパティファイルの切り替えが必要となります。
切り替え方法については、こちらを確認してください。
(商業登記に基づく電子認証など、ICカードタイプ以外の証明書を使用する場合は、切り替えの必要はありません。)



B. 署名ライブラリのダウンロード

●署名ライブラリを、下の ダウンロード ボタンをクリックしてダウンロードします。

>>ダウンロード(約5.3MB)
次へ


●「保存」をクリックし、任意の場所に保存してください。

ダウンロードファイル保存確認画面


C. 署名ライブラリのインストール


●「B.署名ライブラリのダウンロード」で保存した「Setup_J.zip」を任意の場所に解凍します。
解凍すると右のようなファイルが生成されます。生成されたファイルの中に「setup.exe」があることを確認します。

Setup_Jフォルダ
次へ


●上記で確認した「setup.exe」をダブルクリックして実行します。

セットアップアイコン
次へ


●ユーザー アカウント制御画面で「はい」をクリックします。

ユーザー アカウント制御画面
次へ


●電子申請・届出サービス署名ライブラリセットアップへようこそ画面で、「次へ」をクリックします。

ようこそ画面
次へ


●ファイルコピーの開始画面で、コピーされるファイルの一覧が表示されます。内容を確認し、「次へ」をクリックします。

ファイルコピーの開始画面
次へ


●セットアップが開始され、進捗状況を示す画面が表示されます。

進捗画面
次へ


●セットアップが完了するとセットアップ完了画面が表示されます。「完了」をクリックしてください。

※署名ライブラリのインストール後は、公的個人認証サービス(JPKI)の住民基本台帳カードの証明書を使用する設定となっています。公的個人認証サービス(JPKI)のマイナンバーカードの証明書や、他のICカードタイプの証明書を使用する場合は証明書プロパティファイルの切り替えが必要となります。
切り替え方法については、こちらを確認してください。

(商業登記に基づく電子認証など、ICカードタイプ以外の証明書を使用する場合は、切り替えの必要はありません。)

※インストールした署名ライブラリを削除する場合は「電子署名付与環境を削除する場合」を参照してください。
セットアップ完了画面


<注意事項>
インストーラによる署名ライブラリのインストールは、インストールを実行したユーザーに対して行われます。
インストールを実行したユーザー以外のユーザーが、電子申請・届出サービスで電子署名付与を行う場合には、以下の3つのファイル(「.xsf.properties」、「.keyentry.properties」、「.java.policy」)をコピーしてください。

コピー元 C:\Users\[インストールを実行したユーザー名]
 .xsf.properties
 .keyentry.properties
 .java.policy
コピー先 C:\Users\[電子署名付与を行うユーザー名]


「C:\Users\」は一般的な例です。
ご利用のパソコン環境を確認の上、作業をしてください。
確認方法例:
[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]でコマンドプロンプトを起動します。
>set と入力し「Enter」を押します。
USERPROFILE=C:\Users\[ユーザー名]
のように USERPROFILE= で表示されているディレクトリに上記ファイルをコピーしてください。