公共施設予約サービス
ブラウザ設定

メインメニュー
事前準備について


サブメニュー
利用できるパソコン・スマートフォン環境 ブラウザ設定 携帯電話環境



ブラウザ設定

「公共施設予約サービス」を利用するには、以下についてブラウザの設定を確認してください。

○InternetExplorerの設定例
(画像はInternetExplorer9.0のものです。ご利用の環境により、表示方法、表示される項目が異なる場合があります。)

1.セキュリティの設定で、JavaScriptを有効にする

2.プライバシーの設定で、Cookieを有効にする

3.詳細設定で、TLSの使用を有効化、スクリプトエラー毎の通知を無効化する

4.ポップアップブロックに対して、「公共施設予約サービス」サイトについては無効とする

セキュリティの設定で、JavaScriptを有効にする
 
  ヘルプ画像

メニューバーの「ツール(T)」から「インターネット オプション(O)」を選択します。

  ヘルプ画像

「セキュリティ」タブを選択します。

セキュリティ設定を変更するゾーンを選択し、「レベルのカスタマイズ(C)」をクリックします。

  ヘルプ画像 「スクリプト」−「アクティブスクリプト」を「有効にする」を選択し、「OK」をクリックして設定を保存します。
プライバシーの設定で、Cookieを有効にする
  ヘルプ画像 メニューバーの「ツール(T)」から「インターネット オプション(O)」を選択します。
  ヘルプ画像 「プライバシー」タブを選択し、「詳細設定(V)」をクリックします。
  ヘルプ画像

「自動Cookie処理を上書きする(O)」にチェックし、「ファーストパーティのCookie」を「受け入れる(A)」を選択します。

また、「サードパーティのCookie」を「受け入れる(C)」を選択し、「OK」をクリックして設定を保存します。

詳細設定で、TLSの使用を有効化、スクリプトエラー毎の通知を無効化する
  ヘルプ画像

メニューバーの「ツール(T)」から「インターネット オプション(O)」を選択します。

  ヘルプ画像

「詳細設定」タブを選択します。

「セキュリティ」−「TLS 1.0を使用する」、「TLS 1.1の使用」、「TLS 1.2の使用」がチェックされていることを確認します。

※チェックが無い場合はチェックする。

「ブラウズ」−「スクリプトエラーごとに通知を表示する」のチェックを外し、「OK」をクリックして設定を保存します。

ポップアップブロックに対して、「公共施設予約サービス」サイトについては無効とする
  ヘルプ画像

メニューバーの「ツール(T)」から「ポップアップブロック(P)」の「ポップアップブロックの設定(P)」を選択します。

  ヘルプ画像

「許可するWEBサイトのアドレス(W)」に

「*.e-reserve.jp」と入力し、「追加(A)」をクリックします。

「閉じる(C)」をクリックし、終了します。

 

 

○Safariの設定例

1.セキュリティの設定で、JavaScriptを有効にする

2.セキュリティの設定で、Cookieを有効にする

3.ポップアップブロックを無効にする

セキュリティの設定で、JavaScriptを有効にする
 
  ヘルプ画像

メニューバーの「Safari」から「環境設定」を選択します。

  ヘルプ画像

「セキュリティ」を選択します。

「Webコンテンツ」−「JavaScriptを有効にする」にチェックします。

セキュリティの設定で、Cookieを有効にする
  ヘルプ画像

メニューバーの「Safari」から「環境設定」を選択します。

  ヘルプ画像

「セキュリティ」を選択します。

「Cookieの受け入れ」−「訪問したサイトからのみ受け入れる」を選択します。

ポップアップブロックを無効にする
  ヘルプ画像

メニューバーの「Safari」から「環境設定」を選択します。

  ヘルプ画像

「セキュリティ」を選択します。

「Webコンテンツ」−「ポップアップウインドウを開かない」のチェックを外します。

 

 







事前準備トップへ